くまりゅう日記

もっと過去の日記
[.NET | BeOS | Blender | COLLADA | fossil | mono | monotone | NPR | OpenGL | PeerCastStation | Riko | Ruby | Silverlight | TRPG | XNA | ゲーム | ゲーム作り | ]

2019-10-15

日記

台風は無事でした。

台風は無事だったが前後で体調を崩して風邪気味。鼻喉がやられた。台風の前からちょっと怪しげだったが、台風で外に出られなくておとなしく寝てたら治ったぞ、と思ったら暑くなって寒くなってまたダメですよ。そんなに酷くはないのが救いだ。

健康組合の保養所使ってみようと来週熱海に泊まりに行く予定で予約入れてたんだが、どうも台風で断水しているようだ。 すぐ直ればいいけど長引いたら無理だろうなあ。しばらく様子見。

技術書典の在庫確認をしたが新刊は21部しか減ってなくて、うち3部程は見本に使ったので18部くらいしか捌けてないようだった。 ダウンロード版を確認したら1部も売れてなかった。まあそんなもんよね……。

書いてくれた人にまだ現物送ってなかったので送ろうとして、こないだ100円ショップで厚紙封筒が売ってたのを見かけたので買いに行ったら売り切れてた。 じゃあ文房具屋にあるかな……と見に行ったら近くにはLoftとかいうシャレオツ文房具屋しかないため、厚紙封筒とかいう実用品は売っていないのであった。 ちょっと先まで足を伸ばすしかねえか。

[PeerCastStation] 通信で失敗した

Owinベースに作りかえてからいろいろ動きが怪しいところがあったので調べたり直したりしている。

もしかしてデータ送信しきる前に切れちゃってるんじゃないかと思うところがあったので、ちゃんとGracefully shutdownをしようと思った。日本語で言うとなんだろう。上品なシャットダウン? .NETであまり考えずにTCP通信するとNetStreamてクラスを使うことになるが、こいつはStreamの一種でShutdownのインターフェースがなく、中身的にはCloseすると切る直前で送受信両方のShutdownをするだっけっていう乱暴なシャットダウンしかできない。

それはあんまりだろうということでSocketを直接使って上品なシャットダウンを実現することにした。

まあそれ自体はできたんだが、従来のコードが乱暴なシャットダウン前提でコードを書いちゃってるので互換性が怪しくなってしまった。 こっちが送信をシャットダウンしても従来のコードは受信と送信は別物です!と言わんばかりに受信スレッドが終了しても送信スレッドが延々とデータを送ってきて、こっちはいつまでも受信しきらないので終われないのであった。

送信終了前にちゃんと通信終了コマンドを送ってあげれば上手くいったけど、他の場所でも同じようなこと起きそうな気がするなあ。

書いてて思ったけど、送信シャットダウン後は受信も一定時間で強制シャットダウンすればいい気がしてきた。本当に上品にはシャットダウンできないかもしれないが、相手が乱暴者の可能性もあるので仕方あるまい。

.NETのStreamでのI/O抽象化はソケットに対応できてなくて残念だから、ソケット使う場合にはあんまりあてにしない方がいいなあ、と今更思った。いや何度もそう感じてはいたんだが、あらためてな。 Windows自体がソケットとその他I/Oの抽象化が上手くできていないので仕方ないということもあるんだが、.NETなんてその問題が分かりきった時代に設計されたもんなんだから上手いことやってほしかったなあ……。


2019-10-03

日記

技術書典だのイベントだので忙しかったのがやっと落ち着いて好きな作業できる余裕が出てきた。

仕事?仕事は何もしてないですね……。

DBを移行したい

イベントのサイトでDBの構成を大幅に変えてみたんだけど、テーブルを分割したら行数が増えてHeroku Postgresの無料分に収まる1万行を越えてしまった。 なんとかする時間もなかったので有料プランにしたけど、$9/月はちょっと痛いのでなんとかしないといけない。年に6日くらいしかアクティブに使われないサイトなので。

兼ねてからこれべつにRDBの必要全然無いんじゃないの?ということでAzureのTable Storageに移行できないかと考えてはいたが、ちょうどいいタイミングなのでそうするべきだな。 AzureのTable Storageを考えてたのは仕事でAzureを使ってて馴染み深かったからなんだが、イベントのサイトではAWSのS3を既に使ってるのでDynamoDBの方がよさそうね。

WindowsのVMさくっと使えると便利なこともあるし、家でもAzure使えるようにしたいこともあるんだが、それはそれとして分散するのもよくないしな。

次のイベントはまだ半年近く先だが、毎月DBにそこそこお金をとられるのは痛いので早いところなんとかしたい。 RDBのホスティングサービスって高いよなー。

[PeerCastStation] Owinで失敗した

最近PeerCastStationのHTTPサービス部分をせっせとOwinベースに作り直してて出来てきたんですよ。

まだなんか使ってて怪しいところはあるものの、それは直すとしてまあまあ動いてるんですよ。

で、.NET Core 3.xへの移行も見据えて、そもそもどの程度すんなり移行できるのかと試しにやってみたんだけど……Owinがねえ。 OwinとかMicrosoft.Owinていうパッケージを参照してたんだけど、こいつらの.NET Coreとか.NET Standard版がない。 どういうことかと調べてみると、どうもOwinはもうとっくにおしまいになっていた模様。まじかよ。

Owinの仕様としてはFunc<Dictionary<string,object>,Task>でアプリ起動な~てくらいしかなくて、アプリ起動というかサーバーへの登録とかは決まってないし、なんかいまいち使えねえということなのかなんなのかてのがありーの、ASP.NET CoreでOwinの雰囲気を取り入れたんでこれでいいでしょもう、というとかなんとかで終わっていたらしい。 知らずに今更Owinに移行してたぞ……。

まあ確かにOwinに仕様はだいぶ微妙だった。Rack的なものをやりたいというのはわかるんだが、C#との相性はかなり悪かった。 特定のアセンブリとか型に依存しないと徹底したかったのかもしれないが、結局Owinとかのアセンブリを使わざるをえないというのもあった。 じゃあそれならそれでもうOwinとMicrosoft.Owinを統合してこいつが標準な、ってしてくれるだけでもよかったんだけどなー……。

ASP.NET Coreをホストするという手も無くはないんだが、それってRackを入れたかったが終わってたのでRailsを入れるみたいなもんで、いかにもでかすぎる。 俺はRackが使いたいのであってRailsが使いたいのではないのである。

とりあえず今は.NET Coreでどの程度動くのか検証したいだけということで、OwinとMicrosoft.Owinのソースをひろってきて使ってそうな部分だけソースツリーに取り込んで.NET Coreでビルドしてみたらなんなく通った。通るじゃん。ビルドしてパッケージ出してくれるだけでいいんだけどなーもー。 他はいくらか動作が怪しいところがあるものの、おおむねそれっぽく動いているので.NET Coreへの移行自体はそれほど大変ではなさそうだ。すごい。

あとOwinにした部分をどうするかは考えたい。独自にMicrosoft.Owin的なものを作るか、ライセンス的には問題ないのでMicrosoft.Owinのソースをそのままツリーに取り込んじゃうという手もなくはないのよな……。


2019-09-26

日記

しばらく書いてなかった。

技術書典7の本書かないとなーと思って心の余裕がなかったので何も書けなかった。今はもういろいろと終わったのですっきりしている。

本はいっぱい刷ったものの全然数は出ずに終わった。まだちゃんと数えてないんだけど感覚的には20部前後くらいじゃね? まあどこの誰かもわからんやつらが書いた内容もまちまちの合同誌なんざそんなもんか。 しかし万が一無くなったら困るなあといっぱい刷ったのは失敗だったな。 いっぱい刷っても値段は大してかわらんのでそこはかまわないんだけど大量の在庫が部屋を圧迫する……。

既刊はまあそこそこ出た。手で書くMSBuildはやはりいまいちなんだが、動画を送ろう!!RTMPがそれなりに出て不思議な感じはする。 まあライブ配信のなかみも合わせて興味持ってもらえてるのでそういうのが人気なんだというのはわかるが、どっちかというと手で書くMSBuildの方が断然実用性あると思うぞ!? 実用性(だけ)を求めて技術書典来てるわけではないってことか。それはわかる。

次回はお休みの予定です。ネタが無いので。 当初は新刊書くのしんどいから今回は合同誌で軽く書いて、次回いっぱい書きましょうと思ってたんだが、合同誌で軽くといってもそんなに精神的な負担は変わらなくてしんどかったので次こそ休みましょう。

あと普通にネタ切れだしプログラム書きたいのでな。本書くのは俺の本領じゃねえ。プログラム書かせろ。

PC壊した話

前回はPC新しくしようとしてBIOS古くしたのでなんとか焼き直したところまで書いてたんだっけ。

そのあとまたマザボを壊した。

CPUクーラーがそれなりの音をたててぶん回るし、温度もちょっと高めなのでできる限りでかいCPUクーラーに取り替えようとした。 で、いざ取り替えたらうんともすんともいわくなった。

いろいろ取っ替え引っ替えしてみたところ、どうもマザボがぶっこわれた模様。なんでー。静電気かなんかでやらかしたのかもしれん。 修理に出してもいいが時間かかるだろうし、でもマザボ買い直すのもしんどい……。どうしたもんか。

と思ったが、マザボ買うにもどうせ店行くし修理に持っていってみて、時間かかりそうなら買い直すかということに。 修理に持っていってみるとやっぱりマザボがだめっぽい。 購入から1ヶ月は過ぎてるんだが過ぎたのが数日だし店の独自保証に入ってるので交換できるかもしれんと、期待したのだが在庫無いので交換が無理だわって話だった。 当時もうB450のMini-ITXマザボはどこも品薄になってたようだ。 で修理は1ヶ月くらいはかかるってことだがどうしようもないのでお願いして、新しいマザボを買って帰った。

前のマザボはGIGABYTEだったが今度はASUS。B450にしてはちょっと高かったがそれしか売ってねえんだからもう仕方ない。X570とかなるとめちゃめちゃ高いし。 取り替えたらさすがにWindowsのライセンス認証にこけてとても困ったが電話で認証したら通ったので助かった。OSも買い直すとかなったらもうほんとやべえよ。

新しいPCはそれでやっと安定して動いてくれるようになった。結局マザボはまだ修理から帰ってきてないが、戻ってくるとマザボとAPUが余るのでもう1台PC組めそうなパーツが余っちゃうんだよな。そんなにいらねえが……。いやほんと無駄な出費しちゃっていたい。


2019-08-06

日記

PCを新しくしようとして失敗した。

PCを新しく組むべとしてパーツを集めて組み立てて無事動いたんだけど、すぐ壊した。

GIGABYTEのB450のマザボにRyzen 5 3600を載せてたんだが、マザボ付属のツールで新しいBIOSあるよって言われて入れたら、実は古いものだったのでCPUが未対応になって起動しなくなったのであった。なんだと……。 いろいろ頭悪いことやってしまったのが悪いんだが。

まず動いてるのにBIOS更新しようとしたところ。 これの言い訳としては今後アップデートすることはないだろうし、最初のセットアップ段階で最新版にしておこうという考えでやった。

次にうっかり古いBIOSを入れたところ。言い訳としては、まずサイトで今入ってるのより新しいのがあるのは確認してた。 そのうえでツールで検索したら1つ更新が出てきて、じゃあツールでポチっと入るなら……と入れてしまった。 それがまさか古いのだとは思わないだろーwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

最後の問題はGIGABYTEのマザボ付属ツールなんぞを信用してしまったところ。GIGABYTEは初めてだったからさー。 ただドライバ検索ツールも既に入ってるドライバを新しいのあるぞって延々言ってきたり、余計なGoogle ChromeだのGoogle Driveだのを絶対入れさせようとしてきたりして、やべえ雰囲気はあったのだった。

結局なんか起動しないぞ?となってから、あれ、そういえばアップデート時に出てたバージョン番号がなんか古かったような……と思い出しで死んだのでした。

どうしたもんかと思ったが、安いAPU買ってBIOSを新しいの焼き直すのが早くて値段もそこそこで済みそうなので、APUを注文しといた。 いやこれで古いBIOS焼いたんじゃなくて単になんか失敗してたとかで起動しなかったりすると痛いんだけど。 まあ焼いた段階では成功したんで再起動してくださいって出てたし焼くのは大丈夫だったと思うんだ。

そうこうしてる間に現行PCも動かなくなった。 なんだか起動にやたら時間がかかる(画面が出るまでに数分とか下手すると15分とか)し、たまにスッとリセットしたりする。これ症状的に電源だろうなあ。でも電源は変えてから1年も経っていない。開けて見たが見た目は綺麗だしコンデンサが膨らんでたりもしない。でも症状的には電源だよなあ。

どうせ新PCが起動しないので電源を移植してみたところ問題なく動くようになった。 なんだか光学ドライブを挿してると起動画面で止まってしまうが、マザボもやばい感じなんだよな……。 とはいえ光学ドライブを外すと一応起動して安定して動くようになってくれた。

新PCは新しいAPUが届き、電源も別に買ったのが届いたので差し替えて上手いこと起動してくれた。やっぱりBIOSが古くなってたよ~。最新のを焼き直して、CPUをまたRyzen 5 3600に戻して上手く動いてくれることを確認した。そのあとBIOSアップデートツールを確認すると、やはり古いバージョンのBIOSを提示してきやがる。もう二度とGIGABYTEのマザボツールは使わねえぞ!

電源は新PC用に買ったのを現PCに移植してたんだが、そもそも新PC用のSFX電源がだいぶうるさいという問題があった。8cmファンしかついてないやつだったんだが、小口径高速回転はやっぱうるさいね……。ということで12cmファンがついたSFX-L電源に買い替えた。静かにはなったけど熱は大丈夫かなあ。

それでしばらく移行作業をしてたんだが、現PCがまた固まったと思ったらついにSSDも認識しなくなった。SATAポートが1つずつ順番に死んでいくという症状が以前からあったんだが、ついに全滅したようだ。まあ他のポートにうつしたらしれっと認識したりするかもしれんけど、どうせすぐ死にそうだしな。

だいたい移行は済んでたのでまあいいか。バックアップは常時とってあるからそこから取り出すこともできるし。 マザボ取り替えて復活させるかどうかは微妙だ。FM2+なんてマザボはもう売ってないので新しいソケットのやつにすると、メモリとAPUも取り替えないといけないしな。AM4のAPUは余ってるけど……。


2019-07-01

日記

やるべきことはいっぱいあるのに何もやってなくてやべえ。

毎年恐怖の健康診断結果が来てたけど、今年もぼちぼち気になるところはあるものの経過観察という結果で済んでいた。痩せましょう。 今年は近くの病院で受けられるようになったんだが、しかし眼底やばいはずなのに全く問題無しの結果出てて大丈夫かよあの病院。 まあ眼科は別途定期的に視野検査受けてるからいいんだけどさ。眼科の検査も今のところまだ大丈夫だったのでよかった。

次回の技術書典はどうしようかと思っていたが結局申し込んだ。 一冊書くのはしんどいが新刊無しもアレなので本当に薄い本を書くかと思って、じゃあどうせなら誰かといっしょに合同誌にでもすれば厚みも増すなと募集してみたところ数名参加してくれそうだったのでそれで申し込んだ。 まだ受かるかどうかはわからないが、会場の広さも倍ということでそうそう落ちはしないだろう。 薄いとはいえもう2ヶ月しかない。そろそろ書き始めないとなあ……。


2019-06-28

日記

やるべきことはいっぱいあるけど気力と体調が追い付かない。

暑くなったり寒くなったりでひどい。どっちかというと寒い方がいいんだけど天気予報が暑い方向に裏切られていく。 しかし夜はだいぶ涼しいのに日が昇ると一気に暑くなるからしんどいな。

GPLとChromiumがやばい

PeerCastStationは元のPeerCastがGPLだったのもあって1引き続きGPLにしてんですよ。バージョンは3にしたけど。

今GUIはHTML版とWPF版の両方があるんだけど、両方作っていくのが非常に大変なのでHTML版に統一したい。 そしてGUI的なのはHTML版を表示するだけのウィンドウみたいなのにしたいと思ったんですよ。

HTMLアプリをホストするならNW.jsかElectronかだろうということで検討してたんだけど、別件でElectronのライセンスを確認することがあってどうもChromiumのライセンスが相当めんどいということに気付いてしまった。

Chromium自体のライセンスはまあ大したことないんだけど2、依存しているOSSのライブラリがやばい。 気をつけてるらしいのでGPLこそ入ってないが、LGPL3が入ってたり3Ms-PLが入ってたりApple Public Source License 2.0というのが入ってたりする。こいつらがやばい。

GPLを適用したプログラムを配布する時には、全体をGPLで配布しないといけない。依存するライブラリも含めてね。 でもMs-PLだのApple Public Source Licenseだのは、同じライセンスのまま配布しないといけませんよっていう条件が付いている。つまりGPLとして再配布はできなくて、FSFもこれらはGPLと互換性がない(GPLのプログラムと混ぜて使えない)ライセンスですよと言っている。

なのでChromiumのコンポーネントを使うNW.jsやElectronでGPLのプログラムを組み込んで配布するのはライセンス的に無理なのであった。あばばば。

ちなみにMSは自社OSSに独自ライセンス使うのをもうやめていて、既存のものはともかく最近のやつはほぼ全部ApacheライセンスとかMITライセンスとかの表示すればいいだけのやつで、GPLとも互換性ある。よかった。

他になんとかなるもの無いか探したけど、現代的なWebブラウザコンポーネントを使うようなのは商用かでなけりゃChromiumベースのものばっかりだ4。 WebKitも見てみたがWindows版はビルド大変そうだし、やっぱりAppleのOSSライセンスが含まれてるのでGPLとの互換性が無理そう。 WindowsならEdgeのホストするやつでもいいんだが、Windows 10の1809以降のみなので動作環境が厳しすぎる。それ以外がIE11って……。IE11で動くのも作れないわけじゃないが細かいところで対応してない機能がしれっと出てくるからめんどいぜ。

ということでほぼ諦めていたんだが、.NET FrameworkでFirefoxのエンジンをホストするGeckoFXてライブラリを発見した。FirefoxってXulRunner廃止してからエンジンとしてホストできるもんじゃなくなったと思い込んでたけどそうでもなかったんだ! Firefoxはライセンス的にGPLと互換性ある(わざわざGPLやLGPLでも配布できるトリプルライセンスになってる)し、そのせいもあって当然GPLと非互換なOSSを使ってたりもしないようだ。 これなら使えそう。

GeckoFXをちょこっと試したところ、手軽に使えていい感じだったのでこれでいいかもしんない。HTMLホストしかしないからElectronとかNW.jsみたいにシステムとやりとりする部分は自分で作らないといけないのが問題か。ドキュメントはあんまりないから拡張方法なんかはソース見て調べないといけないが、まあなんとかなるでしょう!

いろんな物がオープンソースになってる今日このごろだけど、ライセンスはほんと難しいなあ。みんなも気をつけてほしい。

  1. 一部C#にほぼ移植したコードがあることもあって 

  2. よく覚えてないがMITとかApache 2とかのCopyrightとライセンス文表示すればいいですよ系だと思う。 

  3. いやPeerCastStation的にはLGPL3は問題ないんだけど、組み込みで使うのは難しいライセンスなので仕事で使おうとして回避したってだけ。まあ同じようなこと考えたひとは気をつけてください。 

  4. Qtのブラウザはどうなってんのか見たら今はChromium使うようになっているようだ。しかしライセンス文見るとMs-PLとかもそのまま残ってるんだけどGPL版のQtでもそれ本当に大丈夫なの? 


2019-06-14

日記

しばらく書いてなかった。

実はGW空けに書いてはいたんだけど、写真を上げようと思ったが上げる手順が面倒なことになっちゃってて上げるタイミングを失っていたら放置になってしまっていた。 まあ大した写真じゃねえからなくてもよかったんだが……。

あとは最近なんだか疲れてるので書く気にもならんかったっていうね。 生活時間が乱れまくってたせいで、戻しつつあるからそろろなんとかなってほしい。

他は特に書けることもないな。なんか時間が無い気はしてるのに何もしてないって不思議だ。何して生きてんだろな。


2019-04-24

日記

最近TRPGづいてる。

いろいろあってここ最近オフでTRPGやることが多くて楽しい。 SW2.0やったりPathfinderやったり。プレイヤーで。

Pathfinderは初めてやって、D&Dもほぼやったことなかったんだけど普通によく出来てて面白かった。 ビギナーボックスだかなんだかのシナリオをやったんだけど、シナリオもよく出来ててすごい。 ちょっとバランスが易しめだったけど。 プレイヤー3人で大丈夫かなあと思ったんだが全然大丈夫だった。 というか俺はウィザードを選んだんだが、ほぼ役立たずだったので2人でも行けるんじゃねえかくらいだ。

いくらなんでもウィザード弱すぎじゃねえのと思ったけどレベル1だとそんなもんかなあ。 既製のキャラクターで攻撃魔法が2つ選ばれてたんだけどダメージ低いし、スリープとかの補助魔法の方が便利だったのでは?

判定がd20なのは幅がでかすぎておっかねえなと思いました。

あとGW開けにはSW2.0のマスターもやらんといかん。まあシナリオは既製のやつだしちょろっと軽いプレイなんでそんなにしんどくもないが。

オンでもまたやりたいなあ。オンラインセッション用のツール探さないと。作り始めるとまたやらなくなっちゃうので……。


2019-04-20

日記

技術書典6無事終わってました。ありがとうございました。

あんまちゃんと数えてないんだけど、動画で送ろう!!RTMPが140弱くらい、手で書くMSBuildが60~70弱くらい、ライブ配信のなかみが50で全部で250部くらい出たみたい。 印刷費用でトントンになるかならないかくらいでした。表紙お願いした報酬とか参加費とかあるんで収支は赤字ですけど。 まあ在庫いっぱいあるよ。

在庫はいっぱいあるけどいろいろ力尽きてたのもあって今回は委託出してません。 ダウンロード版はあります。どうしても紙版が欲しければなんらかの方法で連絡いただければ送ります。

COMIC ZINのダイレクト委託がなかったのもあるんで(秋葉原じゃないからかな)。とらのあなとBOOTHが来てたけどとらのあなってどうなんだろな。技術系の同人誌あんま扱ってるイメージないし、通販サイトもいまいち使いづらい。BOOTHは発狂するほど使い勝手が悪いのであそこに何か出すことはありません。

技術書典前あたりは仕事上のストレスもありーの技術書典もありーのでストレスで死にそうになってたんだが、技術書典が終わったのでひとまう平穏を取り戻した。仕事はまあまあ。 プログラムを書きたい。

今回も一人で参加だったんで買いには行けずほんと近くしか見れなかったんだけどどうだったんかな。 池袋でサークル参加は初だったんだけど、だいぶ広いし余裕はあったように見えた。 が、一般参加した人の話ではめちゃめちゃ混んでるしもっと大きいところに~というのがよく聞かれたので、中から見るとの外から見るのではだいぶ感じ方が違うようだ。 俺の周りだけそこまで混んでなかっただけかもしれんし、入場制限のおかげで入ってしまえばともかく、入場まで時間がかかるのがしんどいということかもしれない。

最初の2時間は入場が有料だったんだが、有料期間と無料期間で明らかに来る人の傾向が違ってておもしろかった。

うちはそんなに流行りのネタを出してるつもりはないんで、以前は開場からしばらくはぽつぽつ人が来る程度という感じだったんだが、今回は開場してからすぐにそれなりの数の人が来てくれてびっくりした。事前チェック済みでほぼ真っ先に来てくれる人が結構いるってことだ。 午後からだとふらふら見て周ってる間に中身見てからとか、見本誌コーナーで見てから来たとかが多い。まあそりゃそうか。

あと有料期間では後払い率がだいぶ高かった。無料期間に入ると現金払い率が顕著に上がって、気合い入れて来た人とは違うんだなーと感じた。後払いは事前準備が必要だしね。

後払いと言えば、何も言わずに後払いの操作をいきなりやってから画面見せてきてこれって言ってくる人がそれなりに居るのがびっくりした。 特に有料期間。え、なに、どれ?ってなるんで先に言ってくれた方が助かるなあ。やめてくれというほどではないんだけど、どういう考えでそういう流れになるのかが気になる。 一人二人くらいならたまにはそういう人も居るよねくらいだけど、意外と結構居たのでそういう流れにしたくなる何かがあるのかもしれん。

ライブ配信のなかみと動画で送ろう!!RTMPはいっしょに貰ってく人が多くて、そりゃジャンルがいっしょなんで当然なんだけど、その発想が事前にはなくてなるほどなと思った。 しかし明らかにライブ配信のなかみの方が対象が広いので、途中で無くなってしまったのは申し訳ないと思う。 電子版はあったんだけど、やっぱり紙で欲しい人が多く来てるんでな……。 前回はあんまり持ち込まなかったから無くなったんだけど、今回は本当に在庫も最後だったので仕方ない。 次回以降ありますか?とかも聞かれたけど、さすがにもう2年も前の本なので増刷はないかな。やるならそろそろ書き直すべきだわ。

深く狭くじゃなく浅くても広く方が当然の方が需要も確実にあるしロングセラーになるなあというのがわかった。 じゃあそういうのを書くべきかな……と心も揺れるんだが、まあ狙っていくこともあるまい。 書きたいもの書くべきだな。

次はどうするかなあ。秋に新刊持って出るかは時間的にもネタ的にもなやましいところだ。


2019-04-02

日記

おつとめを終えました。

というわけで原稿が終わりました。 今回はほんとまじでやばくて、ひーひー言いながらなんとか書き終えたよ。

最後に読み直してやっぱ構成がよろしくねえなぁとは思ったが、ここから構成いじったら時間は足りないし、どう考えてもページ数は増えるしなので諦めることにした。 まだ早割りの締切だったのでもっと遅らせることもできなくはなかったが、多少遅らせたところで土日1回分にしかならねえし、それで2万円以上も値段変わってくるのでさすがにね。

何が悪かったって、明らかに始める時期が遅すぎた。 まあRTMPの解説だけだし大して書くことないからすぐ終わるだろうと高を括ってたんだが、書き始めてみたらあれこれやばくね……?となり、結局いままでで一番ページ数が多い92ページ(表紙込み)となった。 手で書くMSBuildも2回に分けて書いたので3~4ヶ月くらいはかかってるんだが、今回の本は1.5ヶ月でそれを上回る量書いたってわけだ。ちゃんと年始あたりから書き始めていればこんなことには……。

今年はあれだね。いろいろと早めに手をつけていくようにしたいね。もう4月だけどさ。

あとはWebページ作ったり電子版(EPUB版)作ったり、お品書き作ったりとまだやることはあるが、それはぼちぼちやっていきましょうねえ。

今回は新刊は二度と増刷しないつもりで一度に300部刷った。さすがに一回でそんなに数は出ないので200部持ち込んで、100部は家に置いとくつもり。 前回は二度と増刷しないつもりで150部刷ったんだっけ?それで無くなったからなあ。 そんなに出るような内容じゃないし、300部あればしばらくもつでしょー。

しかしどんどんニッチな内容になっていくけど次はどうしたもんかな。また書くなら早めに考えないと。


ページのトップへ | トップ | 追記 | kumaryu.net by kumaryu