くまりゅう日記

もっと過去の日記
[.NET | BeOS | Blender | COLLADA | fossil | mono | monotone | NPR | OpenGL | PeerCastStation | Riko | Ruby | Silverlight | TRPG | XNA | ゲーム | ゲーム作り | プログラム | | 模型]

2022-10-08

日記

10月はなんか忙しい気がする!

頭からホビーショー行ったりとかで毎週なんかしら出掛けるイベントが入っている。いや毎週ではないが。遠出したり近場だったりいろいろ。 ちょっと家での作業が滞りがちになってしまうな……。

9月末にオミクロン株対応ワクチンの接種はじまるよ~というのが来てたので早速打ってきた。 翌日にホビーショー行く予定のところで打ってしまって副反応で無理かな失敗したかな?と思ったんだが、 打った当日寒気がするのとちょっと関節痛が出たくらいで、翌日にはケロリとよくなったので無事行ってこれた。 毎度1週間くらいは軽く頭痛があったりしたんだけど今回は全然そんなのなくてよかったー。

日記に画像を貼りやすくするシステムを作ったので、今後はちょくちょく画像を貼っていきます。 プラグイン作ろうかと考えたけども、結局ローカルでテキストや画像を整形してtDiaryに流し込んだりサーバーにアップするツールを作った。 tDiary上で日記直接書くことないからこれでよかったわ。

[模型] 全日本模型ホビーショー2022行った

全日本模型ホビーショー2022に行ってきた。これはビッグサイトでやってるのでうちから近くて楽。ドアToドアで1時間もかからんかった。

全日本模型ホビーショーは初めてで、ビッグサイトの南棟も初めて行くわ。南棟は最初行き方わからずにちょっとだけ迷った。

雰囲気的には静岡のホビーショーのちっちゃいやつという感じだった。 ビッグサイトの2ホール分だけなのでそんな広くないが、ブースはみっちり詰まってるので見て周るのは意外と時間かかる。 通路も狭いが客は多いので結構ぎゅうぎゅうだよ~。 あとどこに居てもバンダイブースからリンクルプラネットの歌声が聞こえてくるぞ。

情報は業者日とかでも事前に出ちゃってるのでどうしてもこれは見なきゃというのはあんまないんだが、今回はバンダイブースで30MMと30MSのステージがあるというので主にそれ目当て。 しかしそれぞれ日付が違うので2日間通うはめになった。まあおかげでゆっくり見れたけども。

特にニュースサイトとかであんま出てなさそうで面白かったのをいくつか。

New Games Orderのブースで物撮りノートというのがあった。これは写真撮る用の背景紙なんだけど、リングノート状になってて8枚くらいが束になってる。これで一冊1600~1900円くらいとまあまあするけども、この手の背景紙セットは結構するのでいっぱい種類あること考えるとお手頃だ。 特に目立った柄はついてない普通のやつと風景画みたいなファンタジー背景版がその場で売ってたんだけど、1日目はファンタジー背景は予想以上の好評ということで売り切れになっていた。また明日には持ってきますということだったので2日目も行って買ってみた。 あとはダンジョン折り紙という名のダンジョンタイルセット。ペラいダンジョンタイルなんだが、45枚とか入りで500~600円くらいで出したいとのことだった。ダンジョンタイルとかそんなんいっぱい買えないよ!てくらい高いの多いからこれはうれしいねえ。オフでTRPGあんまできる環境じゃないですけども……。

物撮りノート ファンタジー ダンジョン折り紙

ガイアノーツのブースではPicoというモバイルカラーピッカーをデモしてた。色度計てやつなのかな?物に当ててボタンを押すと色をキャプチャしてくれる、スマホと連携で使うやつ。 それ自体はガイアノーツで出してるわけではないんだが、アプリの色見本帳にガイアノーツの塗料がデフォルトで入ってて、キャプチャした色に近い塗料名を出してくれるようだ。 これもその場で売っていて色度計は前から気になっていたのでつい買ってしまった。13000円。あったら買おうと思ってたハンドピースが無かったのでつい財布の紐がな……。 ちょっと使ってみた感じ面白いんだけども、ちょっとアプリの出来が微妙に気が効かない感じあるのがもどかしいですね。いや普通に使えはするんだけども。

ポータブルカラーピッカーPICO

アオシマブースはV.F.G.はマクロスモデラーズの配信で出てた情報が主だった。展示ではなかったけどWebサイトではマキナが2023年発売予定になってたんだよな。ケーニッヒモンスターの方が先だろうに本当に出るんだろうか。 というか新規は年1くらいでしか出てないV.F.G.のペースでワルキューレ全員出すと5年はかかりそうだけども……。 あとランカの40周年記念版とかいうのが不意打ちで出てた。おい、こないだ出たばっかりじゃねえか! しかし布服と小物、あとは機体のカラーリングだけなんでいいかな。布服はあんまり好みじゃないんで。

V.F.G. ランカ・リー マクロス40周年記念カラー

合体シリーズは特に新情報がなかったのが残念。ムサシの次はないんですかね……?漫画も更新されないし。ムサシのカラバリくらいは出そうな気がするんですけども。

バンダイスピリッツは30MMや30MSのステージなど。

30MMのステージは予想以上にそんなに喋っていいんかいみたいな情報が飛び出してすごかった。 普通に発表されてた新商品紹介くらいかと思ったら今後出すものを言うわ言うわ。

  • 大型アームのオプションパーツセットには頭の基部が2つ付いてきます(カスタマイズヘッドのセットには基部が1つしか入ってなくて申し訳ない、とも)。
  • 要望の多いハンドパーツセットを近々出します。
  • プレバンのやつマクシオン軍のは次出します。
  • プレバンのやつシエルノヴァもすぐにではないけどちゃんと出します。
  • 30MSとも別の30 MINUTESシリーズを企画してます(近いうち?に発表?)。
  • マクシオン軍の新素体は1年先くらいになるけど女性型のを出します。
  • 1stPVに出てたトラックを出します。
  • みんなが思ってる以上にめちゃくちゃTwitterとか見てます。

目立った情報としてはこんなもんか?もう一週間近く前なので忘れちゃってることもあるかもだけど……。 それにしても30分のステージで全く発表されてないこんな先の話まで普通喋らないだろ!もちろん普通にホビーショーで発表されたものの紹介したうえでこれだけの話をしてるんだぜ。 期待を遥かに越えて盛り沢山すぎる。まあ当然予定の30分で終わらなくて45分近くやってましたけども。

プレバンのシエルノヴァはエスポジットθが発表されてからすぐ軽くアナウンスあったので知ってはいたが、シエルノヴァは?ていう声が多かったので急遽決めたものらしい。 あっぶねー!と思うと同時にシエルノヴァもちゃんと出すよって言ったのはエスポジットθ発表から1日とかそこらだったような気がするんだけど、ものすごい機動力だ。 思ってる以上にめちゃくちゃTwitterとか見てるというのは確かにそのようだ。

30 MINUTESシリーズの新しいやつは30MS発表時から30 MINUTESシリーズとして広げていくよ~みたいな話は出てたので驚くことはないんだが、近いうちにみたいなことだったので意外と早く発表されるのかもしれん。来年の静岡ホビーショーかそれまでにはなんか出てくるんだろうか。何が出てくるのかは全然予想がつかん。 スピナティオアーミータイプみたいな雰囲気で30MSの男版とか欲しいけども、メカとか女の子に比べるとニッチだろうしどうだろうな。

マクシオン軍の新素体についても具体的な時期まで出るとは思わんかった。1年後は結構先でそれまで新素体無しかー。あと女性型はちょっと意外。まあスピナティアはなんとも難しい形になっちゃってるので女性型再挑戦はいいかもしれん。でもどんな形になるんだろうな。もっとシュッとして他とも合わせやすい形になるのか、ポリニアンみたいなメカ娘に振った形になるのか?

1stPVに出てたトラックみたいなのも出しますと最後に話も出たんだけど、これはピンとこなかった。 1stPVの内容覚えてないよ……。しかもあとで調べたら1stPVはもう非公開にされてて見れなくなっていた。うーん残念。 なんにせよ境界戦機のトレーラーとかいいなーと思ってたのでそういうのが出てくれるのは非常にうれしい。 バイクという名の一輪車にしか入ってない車輪も欲しいし!

あと発表とかではないが、ステージで気になったのは司会進行の人。 綾見優希さんという方だったんだが、あとで調べたら声優で、今回のホビーショーのバンダイスピリッツのステージ全般だけでなくバンダイスピリッツのイベント全般でよく司会進行やってる人みたい。 多脚が~みたいなこと言われてて気付いたんだけど、以前やった30MMの配信でも司会進行やってて多脚メカとかいう渋いところ作ってきた人だ! で、どうも仕事だからとかでなく素で30MMがすごい好きで普段から作ってるようで、マジに共感できるコメントが出てくるのがすごい好感が持てた。 脚の方はいろいろ選択肢があるからどうしても脚ばっかりつけちゃうとかさー、いや確かに脚の選択肢に比べて腕らしいものは少ないよな。 1stPVのトラックもあとで出るんだろうなと思って見てました、とかも言っててすげえガチじゃん。

いや今回のホビーショーはこの30MMのステージだけでも来る価値あったわ。

そんな感じでステージは非常によかったんだが、ホビーショー発表の新製品もいい感じ。 カスタマイズマテリアルはファンタジック鎖鎌1が本当に鎖鎌になるチェーンセットとか、色付きリード線も入ったリード線セットがよさそう。 シール類はちょっと使ってみないとわからんところもあるが。 あと新しい汎用ジョイントもあってうれしい。薄いクランク型ジョイントが使い勝手いいわりに今まで入ってるやつが限られてて困ってたんだ! 穴埋め用パーツもオプションパーツセット1のだけだと足りないから汎用に入ってくるのはうれしいね。

公式ミッションの受賞作展示もあったんだけど、やっぱりよく出来てるなあ。毎度思うがストーリー賞は盛りすぎずしかし丁寧に作られているという、俺にも頑張れば手が届きそうと思わせるくらいの物が選ばれるのは本当にうまいところ突いてくるよな。実物展示もよく見させてもらいました。

ストーリー賞受賞作1 ストーリー賞受賞作2 ストーリー賞受賞作3 総合オーディエンス賞

あ、今回のミッションは俺も初めて参加したけど30MM賞(いわゆる佳作)をいただきました。ありがとうございました。

2日目は30MSのステージだったんだが、こちらはまあ普通だった。

普通に今回発表があった新製品の紹介をして、今後の展開については30MMのミッションに相当するオーディションというのをやりますよというのと、未発表のものとしてはファンミーティングみたいのをまずはオンラインあたりでやりたいということ。 ファンミーティングみたいなのは早ければ今年中にできるかもみたいな雰囲気だった。

まあまあまあまあ、普通30分のステージってこんなもんだよね!30MMのステージが異常なんだよ!! 順番逆だったら物足りなくは感じなかっただろうね。 もしかしたら30MMのステージがだいぶ時間オーバーしたので控え目になったという可能性もなくはないが。

ところで司会進行はやはり綾見優希さんだったんだが、一番食い付いたのはネヴァリアの隣に置いてあったスピナティアのリーパータイプ。 やっぱこの人本当に30MM好きだわ……。

とまあ、30MSのステージでは発表された新情報は大してなかったんだが、実は逆に何も言ってないという重大な情報があった。 ステージ中では発表された新製品について一通り紹介して発売時期とかも言ってたんだが、なんとウマ娘コラボのやつについては全く触れなかったのである。 製品紹介も一切なければそういったものが出るということすらも全く触れない、完全に(少なくとも30MSとしては)なかったものとしてスルーしていた。 会場ではオリジナルの30MSの隣にしっかり展示されてるし(しかもステージの真向いだ)、Webサイトでも詳細は後日とはなっているものの普通に情報は出ていたにも関わらず、完全にスルー。 あのコラボは個人的に最低最悪だなと思ってた2ので触れないでくれたのは嬉しかったが、これもしかしてバンダイ的にもやりたくないものだった?

詳細は後日ってことなんで単に発売日が未定だからか?とも思ったんだが、翌日にはすぐ詳細出たし予約始まった。あれ、これやっぱあんま話題にしたくないやつじゃない? まあよく考えるとあの30MS担当者的にもこれが30MSとしていいなんて全く思いそうもないし、なんらかの事情で出すはめになってしまったので仕方なく30MSという名前で出しはするけどあんま触れたくないものになってんだろうな……というのがわかった。

このコラボ物発表見たときに何ふざけてんだと怒り狂う程だったんだが、そういうものなんだなというのがわかったのはよかった。 俺も安心してなかったものとさせてもらいますし、30MSには今後も期待しています。

しかし発表あった新製品はどれもカラーAなのはちょっと残念だったなあ……。カラーCのが出れば一番嬉しかったんだけど、カラーBもないとは。 肌色パーツだけならまだしも顔はなかなか難しいのでカラーCの顔をくれ。

一方でクレオスの30MSカラーがもう少し内容発表されて、各種肌色だけでなくシャドウ色やトップコート用のパールとかラスキウスの水性版みたいな位置付けにしてきたのは予想以上にいい感じだ。 カラーCはこれでしのいでくれということになってしまうのだろうか。でも顔は……自分で描けってことか?

30MSカラー

だいぶ長々と書いてしまったが書きたいことは書いたのでこんなところにしておくか。

全日本模型ホビーショーは初めて行ったけど、静岡ホビーショーの方が規模も大きいし盛況なのね。 静岡の時はバンダイブースとか入場列に並ぶことすらできなかったけど、今回はだいたいすんなり入れた。 コトブキヤブースは1日目は大変並んでたけど2日目は列作られてすらなかったし。 まあ2日目は午後からの人が多そうな雰囲気だったけども。

  1. ファンタジー武器セットには鎖鎌が入っている。ファンタジー?ただし鎖部分はただのリード線。 

  2. せっかくのオリジナルプラモブランドなのに唐突な版権物コラボ。しかもなんの縁もゆかりも相性もあったもんじゃなくオーディションとかやるにしても絶対混ぜられないであろうウマ娘。ちょっと前にFiguarise Standardで同じ物出したばっかりだし!個人的にウマ娘自体が好きじゃないというのもあるが、それを置いといたとしても30MSとは全く相容れない理由ばっかりじゃねえか。 

[PeerCastStation] 不具合修正など

視聴中にどんどん視聴接続が増えてって受信がされないという報告が来たので調べる。

そもそもそれを調べる間にも関係ないところでちょくちょくバグってたのを直しつつ、原因らしきものは見つけたぞ。

視聴接続が増えてっちゃうのは、視聴接続に送るデータがないと通信処理自体行わないので接続が切れたことを検出しなくなっていた。なんで前は起きてなかったんだっけ? 送るデータがないときも定期的に送信できるかどうか検出したいけど、どうやって検出すればいいんだ……?と調べたところ0バイトのデータを送信してみればいいだけらしい。 ということで送る物がなくても1秒間隔で0バイト送信を試すようにして解決した。

受信がされずにいつまでも止まってしまう方はちょっと調べるのが大変だった。 受信タイムアウトが起きてないのかと予想をつけて試したんだけど、それは正しく発生していた。 じゃあどこでおかしくなってんだ?とステップ実行していくんだけど、途中でどうしても変な場所に実行が飛んでそれ以降動かなくなってしまう。 なんでそんなところに飛ぶんだよ!と、しばらく悩んでたが、単にトラップされてない例外が投げられてTaskが終わってるだけだった。 それでステップ実行してるとTask.WhenAllしてるところに戻ってきてたんですね。もう一つ待ってる方のTaskはまだ終わってないのでWhenAllも終了はしないと。

変な例外投げてたところは、配列アクセスしてたところをSpanに置き換えたら範囲アクセス時の例外がArgumentOutOfRangeExceptionからIndexOutOfRangeExceptionに変わったのを気付かずにいたところだった。ArgumentOutOfRangeExceptionはトラップしてたけどIndexOutOfRangeExceptionはスルーしてたので投げっぱなし。 それはトラップすることにしてここは解決するんだが、なんらかのトラップしてない例外が投げられた時に受信だけしれっと終了して送信側が切れるまでなんも受信しなくなるのはまずいでしょう。 受信Taskのトップレベルの例外来たらエラー終了するようにしておこう。 送信Taskも同じように……と思ったが、想定外の例外投げられそうなところが全然なかったのでこっちはいいや。

あとはちょっと気になったところを対策してひとまずリリースしておいた。

さて次は何をしよう。いろいろやりたいことはあるがちょっと前からやろうという気になっていたPush配信を送受信できるようにしてみるか。


ページのトップへ | トップ «前の日記(2022-09-18) 最新 | 編集 | kumaryu.net by kumaryu