くまりゅう日記

もっと過去の日記
[.NET | BeOS | Blender | COLLADA | fossil | mono | monotone | NPR | OpenGL | PeerCastStation | Riko | Ruby | Silverlight | TRPG | XNA | ゲーム | ゲーム作り | ]

2008-05-29 微妙な直り方しやがって

_ [OpenGL] MacOSX 10.5.3

OSXの10.5.3が来てたのでうpでーと。

グラフィックドライバも微妙に更新されてました。

しかし特に新しくサポートされた拡張とかも無さげ。うちのRadeonX1600とソフトレンダラの範囲だけど。

当然ATI_draw_buffersが増えたりもしてない。ですよねー。

ソフトレンダラにEXT_texture_integerがあったりOpenGL2.1になってたりしたけど、既に10.5.2でなってはいたらしい。

ついでにEXT_framebuffer_blitが動いてなかった件。

結論から言うと動きはした。

multisampleなRenderbufferくっつけたFBOから普通にテクスチャくっつけたFBOへのblitは成功。

しかし。しかしだ。

MultisampleじゃないFBOからMultisampleじゃないFBOへのblitは,何故か上下逆になりしかもアルファが転送されない?とかいう結果に。

ついでに転送元と転送先のサイズを違うものにして拡大しながらblitしようとしたらINVALID_OPERATIONとかいいやがる。

まあ分かる。つまりblitなんてmultisampleなFBOのリゾルブにしか使わんだろ、だからサポートしてねーよ!ということだろう。

うーん、まあいいけどねぇ。実際使わんし。そんなことよりMSAAx6は思ったより綺麗だなぁ。

せっかくだからNV_framebuffer_multisample_coverageにも対応してみようかしら。


ページのトップへ | トップ «前の日記(2008-05-27) 最新 次の日記(2008-06-03)» | 編集 | kumaryu.net by kumaryu