くまりゅう日記

もっと過去の日記
[.NET | BeOS | Blender | COLLADA | fossil | mono | monotone | NPR | OpenGL | PeerCastStation | Riko | Ruby | Silverlight | TRPG | XNA | ゲーム | ゲーム作り | ]

2007-05-09 はいはいバージョン管理

_ [monotone] 0.35

モデルのバージョン管理しなきゃなー、と思ってたら、 monotoneの0.35が出てた

0.34のNEWSも訳してないんでいっしょに。

まず0.34。

2007年4月1日(日) 08:23:34 UTC
0.34リリース。
このリリースでは内部的なデータフォーマットが変更されています。
マイグレーションは普通にできます。
データベースを更新するには次のコマンドを実行してください。
       $ mtn -d mydb.mtn db migrate
この操作で失われる情報はありません。
また、0.26以降のバージョンとnetsync関係での互換性があります。

変更点
- 環境によって最適な方法でテキストを出力するようになりました。
  必要に応じて近い文字に変換するか、'?'で置き換えます。
- Luaフックget_author()が二つ目の引数としてキー識別子を取るように
  なりました。
  ブランチ名だけでなくキー識別子からもauthorを作りたいと思った時に
  使います。
- 'chkeypass'コマンドは'passphrase'コマンドに変更されました。
- 'drop'、'rename'、'pivot_root'の各コマンドはデフォルトで
  ファイルシステムの操作も同時に行うようになりました。
  '--execute'は受け付けなくなりましたが、
  記録ファイルの操作だけにしたい時のために
  '--bookkeep-only'を受け付けるようになりました。

新機能
- monotoneが起動した時に呼ばれるnote_mtn_startup()フックが追加されました。
- 新しいLuaの補助関数spawn_pipe()が追加されました。
  新しくコマンドを実行し、その標準入力と標準出力をpidといっしょに
  返します。
- ssh-agentが常駐している場合、monotoneのキーをssh-agentのキーとして
  追加するようになりました。さらにその後全ての認証をssh-agentで行います。
  つまるところセッション毎に一回パスワードを入れれば良いってことです。
- monotoneのキーをSSHのキーとして書き出す'ssh_agent_export'コマンドが
  追加されました。
- monotoneのキーを常駐しているssh-agentに明示的に追加する
  'ssh_agent_add'コマンドが追加されました。
- 'pull'と'checkout'の組み合わせである'clone'コマンドが追加されました。
- 'automate put_file'で'automate put_revision'データベースにリビジョンを
  格納できるようになりました。
- 'mtn cert'のautomate版として'automate cert'が追加されました。
- 'mtn set'のautomate版として'automate db_set'が追加されました。
- 'mtn ls vars'のautomate版として'automate db_get'が追加されましたが、
  少々動作の変更があります。

その他
- contrib/ciabot_monotone_hookversion.pyが正しいbasic_ioパーサを使う
  ようになり、詳細なデータをciaサーバーに送るようになりました。
  ただし、ゾンビプロセスを作らないように十分注意してください。
- contrib/monotone-log-of-pulled-revs-hook.luaは
  取得したリビジョンについての情報を表示するLuaフックです。
- contrib/monotone-mirror-postaction-push.shは
  contrib/monotone-mirror.shが他のサーバーに自動的にデータをpushした後に
  実行されるスクリプトです。
- contrib/monotone-mirror.luaはnetsyncのセッション終了後、
  contrib/monotone-mirror.shを実行するLuaフックです。
- contrib/monotone-mirror.shはkeydirとkeyidの設定を受け取るようになり、
  より上手く二重起動を防ぐようになりました。
- contrib/monotone.bash_completionはシグナルを処理するようになりました。
- contrib/monotone.elにcommitボタンが付きました。

内部的な変更
- 日付と時間の表示処理がよりBoostに依存しない形に再実装されました。
  これによりBoost1.33.0に依存していたのが1.32.0まで下げられました。
- 沢山のコード整理。
- heightsキャッシュがインデックスを持つようになり、処理が速くなりました。
- 中で使ってるSQLiteを3.3.13に更新しました。
- 共通でない親を探すアルゴリズムが書き直され、
  'pull'と'regenerate_caches'が速くなりました。

あと0.35。

2007年5月7日(月) 14:08:44 UTC
0.35リリース。

変更点
- 'mkdir --no-respect-ignore PATH'は.mtn-ignoreやLuaフック
  の無視指定を無視するようになりました。
- 秘密鍵(プライベートキー)はファイルパーミッションが設定され、
  さらに安全な設定で保存されるようになりました。
- 編集可能なログサマリー
  (-mを付けないでコミットした時にエディタで編集するあれ)
  がどのブランチにコミットされるのかを含むようになりました。
- statusコマンドと編集可能なログサマリーは変更点についてもうちょっと
  詳細な情報を表示するようになりました。

新機能
- 'mtn identify'のautomate版である'automate identify'が追加されました。
- リビジョングラフのルートを表示する'automate roots'が追加されました。
  ルートというのは全ての親を持たないリビジョンのことです。

その他
- ワークスペースのルートはどう頑張ってもdropできないようになりました。

内部的な変更
- 中で使ってるLuaをバージョン5.1.2にしました。
- Mac OS X用のビルドファイルを追加しました。
- 中で使ってるSQLiteをバージョン3.3.17にしました。
- app_stateのコードを綺麗にしました。

0.34が結構変わってるねー。

いつのまにdropでファイルが消えるようになったんだろう?と思ってたんだが0.34からだったのか。NEWS良く読んでなかったから何変更があったのか分からなかったぜ。


ページのトップへ | トップ «前の日記(2007-05-08) 最新 次の日記(2007-05-10)» | 編集 | kumaryu.net by kumaryu