くまりゅう日記

もっと過去の日記
[.NET | BeOS | Blender | COLLADA | fossil | mono | monotone | NPR | OpenGL | PeerCastStation | Riko | Ruby | Silverlight | TRPG | XNA | ゲーム | ゲーム作り | ]

2009-06-04 たいへんだ

_ 時間ないなぁ。

なんかアンケートの宿題があったのでやってたら貴重な夜の時間が丸潰れに。1日10分で終わるっていったのに…。

あと寝すぎたり。ちょうどいい気温で気持ちよかったのです。

そういえばJGC申し込みました。毎年8月から9月って忙しいことが多くてしばらく遠のいてたけど今年は大丈夫そうなので思い切ってみた。もうしばらくTRPGやってないからちょっと不安だわー。申し込みは速攻完売してたみたいだけど、あいかわらず人気あるなぁ。

Ruby会議は発表者なのでチケットの販売時間すら忘れてた。

_ [Riko] プロファイルをとろう

ゲームのプロファイルを取らないといけないなぁと。

ruby-profが落ちるのをまずなんとかしないといけなかったんだが、rubyを1.9.1p-129に更新したら動いた。わーい。

とおもったら落ちた。パッチレベルが問題なんじゃなくて、あんまり大量のコードを通すとなぜかRubyProf.stopで落ちるみたい。ちょっとなら大丈夫。

もしかしてstop処理中にGCかかるとやばいとかかな。GC止めたらどうなるか後でためすか。

とりあえず数フレーム分のプロファイルなら取れたんだけど、コールグラフ解析つきのプロファイルってあいかわらず見方がわからん。

ものすごい時間かかってるところが2箇所あるんだけど、その子供をみていくとなぜかループして戻ってきちゃう。えーと、なんだこれ。どうすりゃいいの。

コード的には入れ子で呼んでる所かな?それにしてもその中では大して時間かかってるものが無いんだけど、メソッド呼出しのオーバーヘッドが100%近いってこと?

うーん難しいぜ。

MacのプロファイラのInstrumentで何か測れるかと思ったけど、標準ではRuby関係の設定は無いみたいで残念。dtraceの設定とかログ読み込みはできるみたいけどdtraceの設定を書くのがめっちゃ難しいんだよねぇ。

あ、それ以前に自前インスコのRubyではパッチ当てないとdtraceダメじゃんか。まあパッチ当てんのは簡単だろうけど、やっぱり設定書くのができん。

ゲームにプロファイラをどう仕込もうかと考えたんだけど、ゲームを手動でプレイしちゃうと安定したプロファイル取るのが大変だからベンチマークモードみたいなのが必要なのね。先日NVIDIAがベンチマーク用ライブラリとかだしてて何これとか思ったが、なるほど必要だわ。

いまからそんなの作りこむのも大変なのでなんか簡単なのを適当にでっちあげよう。幸い負荷がリアルタイムに大きく変わったりするようなゲームじゃないんで。

_ [Riko] 遅くてもいいじゃない

なんかゲームの方、プロファイルとって頑張ってもっと速くしようかと思ってたけど、無駄かも知れん。

というのも、別に遅くない。

いやまあ決して速くないというか、どう考えてもやっぱり遅いんだけど、じゃあゲームにならんのかというとそれほどでもない。あんまり速度的に問題になるゲーム作ってないってのもあるし。

最低限の速度は出てるものをもっと速くするより、ゲーム面白くする方が重要だよなぁ。ゲーム面白くする方が難しいしね。

プロファイル取ったり速くしたりするところはそこそこにして、さっさとプレゼン内容まとめちゃったほうがいいかもね。

あ、Ruby会議では面白いゲームを作る方法は発表しません。だって面白いゲーム作れてないんだもの!


ページのトップへ | トップ «前の日記(2009-06-02) 最新 次の日記(2009-06-05)» | 編集 | kumaryu.net by kumaryu