くまりゅう日記

もっと過去の日記
[.NET | BeOS | Blender | COLLADA | fossil | mono | monotone | NPR | OpenGL | PeerCastStation | Riko | Ruby | Silverlight | TRPG | XNA | ゲーム | ゲーム作り | ]

2009-02-06 早起きは眠い

_ [Ruby] まだまだ続くruby1.9対応

いや、単純にrsdlの1.9版作るだけなら簡単なんだけどさ。

config.hがincludeされないとかなんとかの問題は、実はincludeされてるんだけど一体どこのconfig.hをincludeしてるのー?と言う状態だったので、ちゃんとmkmfの$arch_hdrdirをインクルードパスに指定して解決。

NSApplication.sharedApplicationで十分じゃないか問題は、なんかうまくいかなかった。やはりCocoaのメインループ通さないとまずいかな。

それならば、SDLmain相当の事をRubyCocoa使って書いてやれば面倒なビルドしなくてもおっけーかも。

で、書こうとしたんだけど、MacRubyとRubyCocoa両対応させようとして挫折。OSXモジュールの有無をどう吸収すればいいか思い付かなかった。あ、適当なモジュール内でincludeしちゃえばいいのか。

うーん、Rubyで書くことも出来そうだけどどうしようかなぁ。Rubyレベルで書いてもメインループの中から対象のスクリプト起動させるのはかわらんので結局rsdlコマンドになることはかわらない。

RubyCocoaが必要になるけどコンパイルが必要orコンパイルが必要だけどRubyCocoaいらず。

OSXの事だけ考えるならRubyCocoa使っちゃった方が楽だわな。インスコ的に考えて。コンパイルが必要ないからRuby/SDLがどのsdlにリンクしてるかとか気にしなくていい。

しかしコンパイルが必要な方は、SDLmainが更新されても安心、他のSDLmainが必要なプラットフォームにもそのまま適用できる(はず)と言う利点が。

まあ両方用意すればいいか。コンパイル必要な方はもうできてるようなものだから、大した手間ではないし。

コンパイル版は他プラットフォームor分かってる人向けということで。


ページのトップへ | トップ «前の日記(2009-02-04) 最新 次の日記(2009-02-10)» | 編集 | kumaryu.net by kumaryu