くまりゅう日記

もっと過去の日記
[.NET | BeOS | Blender | COLLADA | fossil | mono | monotone | NPR | OpenGL | PeerCastStation | Riko | Ruby | Silverlight | TRPG | XNA | ゲーム | ゲーム作り | | 模型]

2008-12-08 遅さ爆発

_ デスクトップマスコットやばい

超やばい。

と言う程やばいわけでは無いんですが。

Macである程度動くようになったのでWindows版作ってたんですよ。

でまあ、描画とかは前動作確認してた通りなのでさっくり作れたんだけど。

超遅い。

Macではfps調整して15fpsは余裕で出てたんですが、Windowsではいいところ5fpsにまでなってしまった。

どこがそんなに重いのか調べてたらglReadPixels。これが無ければ余裕の速さ。しかし、レイヤードウィンドウに出すにはどうしてもいったんメモリに落とす必要があるわけで。

640x480だと重いならと320x240で描いて読み出してみたら速くなった!全力で回して15fpsだけど。えー。

いやまあglReadPixelsなんかのリードバックは遅いのが分かってたことではあるんだが、Chrome430GTでここまで遅いとは。

とりあえずいまのところは描画サイズを小さくできるようにしてこのまま放っておこう。

Radeon挿してみてどんだけスピード出るのか確認する必要はあるな。速ければS3厨涙目、同じくダメそうならPBOを使って稼げるか確認だな。

こんなところではめられるとは思わなかったぜ。

作りこみの方はメッセージボックスをちゃんと出せるようになって、マスコットの設定用のツールを作ってた。

マテリアルとかライトなんかのレンダリング設定が全然出来てないのではあるが、モデルの読み込みとか表示位置の設定なんかの最低限の動作は出来たはず。使い勝手はいまいちではあるものの。

しかし、マスコットを複数作っても選ぶインターフェースが無いのでテストが出来ん。いや出来はするけどめんどい。

そんなわけでアプリ自体の設定ツールも作ってるところ。 表示するマスコットと描画サイズと描画負荷を設定できる簡単なアプリを。

負荷設定できるようにしても対応できるかなぁ。

あとはどこでも動かせるようににしてマスコットの作りこみをすれば最低限は配布できるかなー。きついけど無理な話ではないね。

描画設定はあんまり欲張らなきゃなんとかなるだろきっと。ライトとマテリアルだけだ…。

あ、さすがにマスコット作成のドキュメントは必死で作らんとならないな。間に合うのか?

おっとイベントのカタログ用サークルカットも作らないと。


ページのトップへ | トップ «前の日記(2008-12-04) 最新 次の日記(2008-12-16)» | 編集 | kumaryu.net by kumaryu